心に沁みる琥珀色の景色

写真を撮るのが上手だったら・・・その感動をもっともっと伝えられるのですが

これでも今まで私の撮った写真の中で、わりといい感じの景色を紹介します。

 

日田の夕陽

夕陽が映った水面が琥珀色に染まり、なんとも心に沁み入ります。

琥珀は太陽の精が毎日水の中に沈み固まって大きくなって、やがてまた故郷の空に戻るために浮き上がってくるという説も、夕陽が水面に映る景色を見ていると納得できてしまいます。

 

函館山からの夕陽

函館山は観光客が多過ぎて、函館市街の夜景はたくさんの人の頭が邪魔で全然感動できなかったのですが、反対方向の夕陽が沈む景色は心に沁み入りました。

 

函館 赤レンガ倉庫街から、函館山を望む

赤レンガと照明と夕闇のコントラストに魅せられてしばらく眺めていました。

 

函館 赤レンガ倉庫街から海を望む

綺麗な夕焼けと、水面に映った夕焼けとライトアップにしばし見入ってました。

 

金沢 夜の東茶屋街

江戸時代の茶屋街は夜が賑やかだったと思うのですが、現在の観光客もほとんどいない夜の茶屋街はしっとりといい感じです。

 

夜明け前の成田空港

夜の空港も琥珀色の輝きがありました。

眠かった目も覚めて、搭乗開始までずーっと眺めていました。

 

最後は自宅付近から見た夕焼け

身近な景色でも、夕焼けって心に沁み、癒しと明日への力をもらえる気がします。

 

もっといい写真をいっぱい撮って琥珀色ギャラリー作りたいと思いますが、今の腕では思うように感動が伝えられませんね(^^ゞ

もっと写真が上手になるように、講座受講してみようかな・・・・

 

写真教室よりも上達が速い!自宅でラクラク上達♪一眼レフカメラ講座


Follow me!