中国茶を飲もう 白茶(正宗明前野生白牡丹)

中国茶を飲もう

 

先日、中国茶専門店「姫茶伝」さんで買ったお茶を飲みました。

白茶 「正宗明前野生白牡丹←詳しくはお店のHPで

白茶は、弱発酵茶と呼ばれ、発酵工程を少しだけ入れたお茶です。

中国茶の中でも、もっともシンプルに作られていて、お茶を揉む工程が入らないので、芽には産毛がたっぷり残り、ナチュラルな形をしています。

白茶は、涼性に属するお茶で、熱い状態で飲んでも体を冷やすお茶とされており、蒸し暑い時に飲むと効果的で、利尿作用や解熱効果があると言われています。

 

では、淹れてみましょう

初めてなので、量がよくわからないので、量ってみます

概ね200ccの湯に対して、3~5gとあります。

これで約3g

蓋碗がちっちゃいので、3gでほぼいっぱいになっちゃいました。

固い茶葉を潤して、実際に飲むお茶を美味しく香りよく淹れるため、1煎目は捨てます。

揉む工程が無い白茶は、お茶の抽出に時間がかかるので、このような潤茶を行います。

2煎目のお湯を入れて、1分程度待ちます

白茶の場合は90℃~95℃くらいの湯温がいいみたいですが

水の硬度が低い場合は、少し温めのお湯で、時間長めに入れたほうが美味しくなるそうです。

我が家の水は硬度30ppmくらいと低めなので、若干温度低めで入れました。

(お店の人によると、硬度60ppmくらいのミネラルウォーターがいいと言ってました)

1分待っていれたところ

硬度が高いほど、お茶の色が濃くなるそうです。

 

飲んでみた感想は

白牡丹は別名「白い紅茶」と呼ばれています。

飲んでみると、日本茶の煎茶のような味から、後味が紅茶のような味へと変化するような感じかな

ケーキとかにも合いそうです。

どことなく、含み香が中国のような感じがします(^^ゞ

7,8杯飲んだところで、だんだん味が薄くなってきました。

 

あっさりとした飲み口で、疲労回復効果もあるお茶なので、夏に飲むのに適したお茶ですが、インフルエンザ予防効果や、解熱、消炎効果もあるので、風邪の季節にも活躍できそうです。

 

 

 

Follow me!