国産プアール茶 荒畑園の茶流痩々

余分なアブラをスッキリさせるお茶

余分なアブラをスッキリさせ、国産だから安心で、美味しいから無理なく飲めると評判のお茶

お茶どころ静岡県の純国産プアール茶
荒畑園の 茶流痩々を入手したので、さっそく飲んでみました。

送られてきた袋の中には、プアール茶の他に、荒畑園プーアール読本という冊子がついていて、この茶流痩々についてこだわりなどが詳しく書かれています。

そのこだわりポイントとは

1.良質の土にこだわる茶畑作り

良いお茶作りは、「気候」も大事ですが、もうひとつ大事なのが「土づくり」です。

荒畑園さんの土づくりは、世界農業遺産にも認定された「茶草場農法」を実践し、手作りのもみがら堆肥と天然有機質で作った自家製の養分たっぷりの肥料を施しています。力のある茶木から取れた新芽は元気よく養分たっぷりの茶葉となります。

2. 緑茶の機能性をさらにアップ

プアール茶は微生物によって茶葉を発酵させる、後発酵茶。緑茶に対して黒茶とも呼ばれます。

ポリフェノールが多いプアール茶は、体に良いからとダイエットや体形が気になる人たちに飲み続けられています。

緑茶を発酵させる黒麹菌は微生物なので、安心して飲めるように、無菌室のある工場できちんと衛生・温度・湿度を徹底して管理し発酵時間と出来具合をコントロールしています。

3.茶葉本来の力を引き出した5つの成分

①重合ポリフェノール(カテキン)

発酵が行われる過程で多種のポリフェノールが結合してできた成分で、余分なアブラをスッキリさせる働きが期待できます。

②ビタミンB・A・E

③没食子酸

発酵が行われる過程でカテキンが変化し新たにできたポリフェノールで、日々のストレスや活動で元気を失った体をサポートする効果が期待できます。

④ミネラル

⑤テアデノールA・B

微生物発酵茶から発見されたポリフェノール。

毎日続けることで、余分なアブラをスッキリさせて、健康の手助けをする「アディポネクチン」の分泌が増え、スッキリスリムボディに導く効果と、肌ケアの効果が期待できます。

3.中国産との違い

中国産の多くは、空気中のカビや雑菌と同時に発酵するため、1煎目は捨てますが、荒畑園の茶流痩々は、クリーンルームで製造しているので、1煎目から美味しく飲めます。

香りや味もカビっぽく、苦渋みのある中国産に比べ、くせがなくまろやかです。



淹れてみましょう

中国のプアール茶は、茶葉を濾し網に入れ、1煎目は茶葉の表面に付いた汚れを洗い流すようにして捨てていますが

荒畑園の茶流痩々はティーバックなので、越し網もいらず、1煎目から美味しく飲めます。

ティーバックを入れた急須に沸騰した湯をいれ、3分程度待ちます。

(1リットル程度の湯が入ったヤカンで3分程度煮出してもOKです)

5煎くらいは出せるようですが

今回はちょっと大きめの急須をつかったので

1煎目で3杯分くらいは取れました

淹れたお茶の色は、中国産のプアール茶は黒に近いこげ茶色ですが、茶流痩々は綺麗な琥珀色です。

味は、スッキリしていて、中国産のプアール茶をイメージすると全然違います。

中国産のプアール茶は、独特の香りとクセのある旨みがありますが、茶流痩々はどちらかと言うと烏龍茶やほうじ茶に近い気がします。

そして、冷めてくると、どことなくプアール茶の旨みのようなものが感じられます。

お茶受けには、中国産のプアール茶は、月餅などの中国のお菓子がよく合いますが、茶流痩々は、もみじまんじゅうなどの和菓子系のほうが合う気がします。

このサイズの急須だと、流石に5煎は無理で、美味しく飲めたのは3煎くらいまでですね。

3煎目は、湯の量を半分にしても、あまり茶の色がつかなくなってきました。

飲み方としては、急須で淹れるより、やかんでいっぺんに作って、ポットなどに入れて飲む方が手軽でいいと思います。

手軽に飲めるので、毎日健康のために飲むお茶としては、良い製品だと感じます。




 

Follow me!