美味しいコーヒーを飲むためには?

美味しいコーヒーとは、人それぞれ好みがあるので、みんなが同じではないのです。

缶コーヒーが好きな人もいれば、インスタントコーヒーが好きなひともいます。

コーヒーが嫌いな人もいるので、みんなが美味しいって言うコーヒーは残念ながらありません。

コーヒーは嗜好品、なので自分が美味しいと思うものが一番なのです。

まずは、自分好みのよいコーヒーを探すところから始めましょう。

そして、自分の好みはレギュラーコーヒーって人は、まずは自分好みのコーヒー豆を探してみましょう。

コーヒーの味は、淹れ方も大事ですが、コーヒー豆でほとんど味が決まっちゃいます。

よい店で、自分に合ったコーヒー豆を選ぶことが美味しいコーヒーを飲む重要なファクターになりますよ。

コーヒー豆を買う際のポイント

自分好みの豆を探しているときは、専門店へ行って見よう

スーパーやコンビニでもコーヒー豆は手軽に買えますが、専門店は種類も豊富で味の特徴や、焙煎度、淹れ方などスタッフの方に教えてもらえて、自分好みの豆が見つけやすいのでオススメです。コーヒー専門店のネットショップなども、焙煎度や味わいの説明など細かな情報が掲載されたサイトも多く、近所に専門店が無い場合はネットショップを利用するのもいいと思います。

オススメのネット通販コーヒー専門店

自家焙煎スペシャルティコーヒー専門店 ロクメイコーヒー

ドイコーヒー

どちらのショップも、全国屈指のレジェンド焙煎士が品質にこだわり、豆の説明も詳しく自分好みの豆を探しやすいです。

まずは初回限定、送料無料のお試しセットでいくつかの種類を飲み比べたほうが、好みの豆を確実に見つけられるかも。

 

焙煎度による味わいの傾向を知ろう

コーヒーの味わいの大部分は、銘柄よりも焙煎度で決まります

どんな銘柄も、深く煎れば苦くスモ―キーな味になり、浅く煎れば酸っぱくなります

まずは自分好みの焙煎度を見つけてください

焙煎日を知ろう

コーヒー豆は、焙煎した直後より時間とともに香りや味が落ちてくるので、近所に自家焙煎の店があれば、そこでなるべく新鮮な豆を買うのがオススメです。

ただ焙煎したての豆が一番美味しいかと言うとそうとも言えません。豆の種類や季節、環境にもよりますが、焙煎して3日~7日後くらいが飲みごろと言われてます。

自家焙煎の店で買って、焙煎日を記録し、美味しいうちに飲みきれる量を購入するのがオススメです。

ネット通販でも、ドイコーヒーさんのように、焙煎日が指定できるところもあります。

 

飲む前に挽くのがベスト

コーヒー豆は挽いてもらった方が手軽でいいのですが、挽いてしまうと空気に触れる表面積が増えるため、香りが飛びやすく、酸化速度も速くなるので、豆の状態で購入して、飲む前に挽くのがベストです。

家庭で挽くことができない場合は、自分の淹れる器具に合った挽き具合のものを、1週間程度で飲みきれる量を購入しましょう。

 

コーヒー豆の区分

スペシャリティコーヒー

生産履歴が明確かつ高品質な豆で、印象的な風味特性を持つコーヒー

プレミアムコーヒー

生産地域や農園、品種が限定された、ストーリー性のある高品質な豆

コマーシャルコーヒー

産地規格で流通する、最も一般的な比較的質のよい豆

ローグレードコーヒー

安価なレギュラーコーヒーなどに使われる豆

 

焙煎度

浅煎り

ライトロースト

最も浅い焙煎度合い。酸味が強く苦味はほとんど感じない。

豆の個性を見るテストなどに使われることが多い。

シナモンロースト

香りが立ち始めるが、苦味はあまり感じられない。

良い酸味を持つ豆の特徴を感じられる焙煎度。

中煎り

ミディアムロースト

よく目にするような栗色と香り

酸味中心だけど、苦味もある軽い口当たり

ハイロースト

酸味と苦みのバランスがとれて甘みもある。

日本で好まれるスタンダードな焙煎度

中深煎り

シティロースト

酸味は抑え気味になり、苦味は少ないながらもコクが感じられるようになる。

ハイロースト同様日本で好まれる焙煎度

フルシティロースト

酸味は抑えられて、ほんのり苦みが感じられる

アイスコーヒーやエスプレッソなどに用いられる

深煎り

フレンチロースト

強い苦みとコクが感じられるようになる。

ミルクやクリームを加えた飲み方に向く。

イタリアンロースト

苦みがとても強く、焦げたような香ばしさも加わる。

欧米ではイタリアンよりもフレンチのほうが深い焙煎度のことがある。

保存方法

コーヒーの味を劣化させる三大要素は「光」「酸素」「水分」

少しでも長くおいしいコーヒーを飲むためには、保存方法も大切です。

生豆なら長期間保管できますが、一般家庭で生豆からその都度焙煎して飲むなんて人はごく稀でしょうから、焙煎した豆の保存方法をご案内します。

1週間程度で飲み切る場合は、そう気にしなくてもよいので、缶などの容器に入れ、光や湿気を避けて、常温(夏場の暑いときは冷蔵庫に入れたほうが無難かな)で保存すればOK。挽いた豆でも1週間程度なら、この保存方法で大丈夫。

それより長くなる場合は、なるべく空気に触れないような密閉容器(パッキンのついたキャニスターや、ジップロックなど)に入れて冷暗所に保存。豆の量に比べ容器が大きい場合はラップなどを空間に詰めてなるべく空気を入れないようにしましょう。

コーヒー豆がたくさんありすぎて、1カ月以上保存しなくてはいけないような場合は、1週間分くらいの量を小分けにして空気が入らないようにジップロックなどに入れ、冷凍保存しましょう。

冷凍庫からの出し入れで温度変化が起こると結露して品質が劣化するので、取りだす時は必要な分だけにしましょう。

豆が冷えたままだと、味がブレやすいので、冷凍保存していた豆は、常温に戻してから使用しましょう。

挽いた豆は、なるべく早く使い切ったほうがいいですよ。