コーヒー豆を挽いたら、いよいよ最後の工程、カップに抽出です。

コーヒーの抽出器具にはたくさんの種類があり、淹れ方もさまざまです。

抽出の仕組みを理解し、器具ごとの基本的な淹れ方をマスターして、美味しいコーヒーを淹れて至福の一杯を楽しみましょう。

抽出の仕組みと味の関係

コーヒーの中にはさまざまな味の成分があり、それらをお湯で溶けださせることが抽出です。

主に、酸味、苦味、香味の3つの味のバランスで成り立っています。

この3つのバランスを考えつつ、渋味などの不快な成分を出さないように淹れるのがポイントですね。

○酸味と苦味のバランスは焙煎度のほか、湯の温度や、抽出時間によってもかわる

・焙煎度が深いほど、苦味が増し、浅いと酸味が強調される傾向に

・温度が高いと苦味成分が強調され、温度が低いと酸味が強調される傾向に

・酸味成分が先に抽出されるので、抽出時間が長いほど苦みが強調される傾向に

○香味の強さのバランスは、メッシュと粉の量で変わる

・メッシュが細かいほどヘビー、粗いとライトになる傾向に

・粉の量が多いとヘビー、少ないとライトになる傾向に

豆の種類や、器具など状況によっても変わるのですが、概ねこのような傾向になります。

 

抽出器具

コーヒーの主な抽出器具理は、コーヒー粉をお湯に浸して成分を抽出する「浸漬式」と、コーヒー粉にお湯を通過させて抽出する「透過式」に分類されます。

浸漬式器具
フレンチプレス


手順が簡単で、安定した味の再現ができる。

コーヒーの個性がダイレクトに感じられ、コーヒーオイルもしっかり抽出される。

素材によっては重く感じられる場合がある。

 

サイフォン


沸騰させたまま抽出するので、温度が高く香りが立つ。

高温から温度が下がる過程の味の変化が長く楽しめる。

手入れに手間がかかる。

 

イブリック


煮出した上澄みを飲みます。

水から弱火でゆっくり煮出すので、味は濃厚。

フィルターで濾すドリップ式では出せないコクと香りが口の中に広がります。

 

透過式器具
ペーパードリップ


ペーパーフィルターが油脂分やアクを吸着するため、クリアな味になる。

湯の注ぎ方で、味の調整可能ですが、その分淹れ手の技量に左右される。

手入れが簡単。

 

ネルドリップ

 

 まろやかで厚みのある口当たり

ペーパードリップよりも湯の抜け方が早く、技術の差がでやすい。

ネルの手入れや保存に手間がかかる。

 

金属フィルター


コーヒーオイルがほど良く透過する。

豆の個性が表れやすいが、質の悪い豆を使うと欠点がでやすい。

手軽で、洗いやすく衛生的。

 

エスプレッソマシン

 

 濃厚なエスプレッソが家庭で楽しめる。

スチーム機能が付いているものは、カプチーノなども楽しめる。

マシンが高価。

 

マキネッタ


低コストでエスプレッソが楽しめる。

クレマ(泡)はできず、濃いめのコーヒーとエスプレッソの中間のイメージ

直火式のものでも、IHコンロでは使えないものが多い