コーヒー豆を買ったら、次は粉に挽きましょう。

コーヒーを淹れる時の器具や抽出方法に適した粉の大きさで、バラつきのないように注意しながら挽きましょう。

バラつきがあると、コーヒーの風味に差が出てしまいます。

挽く時の香りは、コーヒータイムの気分を盛り上げてくれますね。

コーヒーミルの種類

ミルの仕組みや形状はさまざまですが、どれを使うにしても、挽くときに温度が上がらないように注意しましょう。

豆や粉が熱を持ってしまうとコーヒーの命である香りが飛んで、雑味が出やすくなってしまいます。特に電動式は高速で回転し熱がこもりやすいので、5秒程度回してはシェイクするといいでしょう。

 

手回しミル


臼歯と呼ばれる、円錐型の歯車に豆を引き込みながら砕くコニカル式が一般的

大量に挽くことや、粉の粗さの調整は難しいが、かわいい見た目と、挽く時の手応えにファンも多い

挽くときは、同じ速度でハンドルを回し、粒の大きさを均一にするのがコツ

 

プロペラ式電動ミル


プロペラ状の歯を回転させて豆を細かく砕くタイプ

粉の粗さは挽く時間で調整する

挽くときに、こまめにシェイクするのが挽きムラを無くすコツ

 

コニカル式電動ミル


臼歯の電動タイプ

少々高価だが、挽きムラが生じにくい

粗挽きから、エスプレッソ用の極細挽きまで対応できる

 

フラット式電動ミル



平面的な2枚の歯で豆を粉砕する。

喫茶店などで使われる業務用の小型タイプ

粉の粗さを細かく設定できる

見た目もカッコいいので、お部屋のインテリアにもいいですね!

 

メッシュの大きさ

抽出器具によって適正なメッシュを選択することが、器具の持つ能力を最大に引き出すコツです。

粗挽き

粉の大きさはザラメ糖以上

酸味系のコーヒーに向く

適した器具

パーコレーター、フレンチプレス、ペーパードリップ、ネルドリップ

 

中挽き

粒の大きさは、ザラメ糖とグラニュー糖の中間くらい

通常のレギュラーコーヒーはこれ

適した器具

フレンチプレス、ペーパードリップ、ネルドリップ、金属フィルター、サイフォン、水出し

 

細挽き

粒の大きさは、グラニュー糖くらい

表面積が大きいので、苦味を引き出して濃厚な味に仕上げることができる

適した器具

マキネッタ、ペーパードリップ、サイフォン、水出し

 

極細挽き

粒の大きさは、パウダー状

エスプレッソ挽きとも呼ばれ、エスプレッソマシンや煮出して作るコーヒーに向く

適した器具

エスプレッソマシン、イブリック(トルコ式コーヒー器具)