紅茶の成分と効能

紅茶の主な成分は、タンニン(カテキン類)、カフェイン、アミノ酸(テアニン)、ビタミン類(A、B群、P)ミネラル、フッ素などで、カフェインはカップ1杯ではコーヒーに比べて少ないのですが、人体に対しては、中枢神経の刺激、強心、利尿効果の3大要素があり薬理効果が大きく、ビタミン類の中のビタミンPにはポリフェノール化合物があり、血管壁や、高血圧の予防に効果があります。

紅茶に期待される効能は、疲労回復、眠気覚まし、風邪予防、消化促進、虫歯予防、リラックス、アンチエイジング、ダイエットなど、まさに健康運を上昇させるためにあるような、琥珀色飲料ですね。

紅茶の銘柄とグレード

紅茶にはたくさんの銘柄があります。その多くは産地の名前をそのままつけた、産地銘柄というものです。

また、数種類の茶葉をブレンドしたものや、人工的に香りを付けたものなどもあります。

茶園や摘採時期、その年の気候などのさまざまな条件によって、同じ銘柄でも味や香りが違ってきます。

主な銘柄

ダージリン

原産地:インド・ダージリン地方

世界三大銘茶のひとつ

マスカットフレーバーと呼ばれるさわやかな香り

【メール便選択で送料無料】[お徳用パック]ダージリン紅茶2016年セカンドフラッシュ・サングマ茶園SFTGFOP1 Musk(100g)

ニルギリ

原産地:インド・ニルギリ地方

クセのない味わいで、すがすがしい香り

[紅茶]ニルギリ・クオリティー・シーズン2017年サットン茶園TGFOP(50g)

アッサム

原産地:インド・アッサム地方

滋味豊かな奥行きある味わいと、芳醇な香り

【メール便選択で送料無料】[紅茶]アッサムCTC2016年ハティマラ茶園100g

感想(509件)

ウバ

原産地:スリランカ・ウバ地方

世界三大銘茶のひとつ

強い香りと芳醇な味

【メール便選択で送料無料】セイロン紅茶・ウバ2016年クオリティー・シーズン・ダンバテン茶園BOP(50g)

感想(1件)

ディンブラ

原産地:スリランカ・ディンブラ地方

さわやかな香りとマイルドな味わい

[紅茶]セイロン紅茶ディンブラQualitySeason2017年ウォルトリム茶園BOP(50g)

感想(1件)

ヌワラエリア

原産地:スリランカ・ヌワラエリア地方

渋みが少なくやさしい味わいと、すがすがしい香り

ヌワラエリヤ ピーククオリティー コートロッジ茶園リーフティー 爽やかな香りと味わいのストレート向きの紅茶 50gパック

感想(6件)

ケニア

原産地:アフリカ・ケニア

キレの良い味わいとフレッシュな香り

2016年ケニア紅茶:KENYACTC「ケニア」(100g)キリンニャガメルー【送料無料:メール便】

感想(5件)

キームン

原産地:中国・安徽省

世界三大銘茶のひとつ

蘭の花に似たスモ―キーな香り

中国茶:2016年:KEEMUN「キームン」祁門紅茶(100g)【世界三大銘茶】【送料無料:メール便】

感想(1件)

ラプサンスーチョン

原産地:中国・福建省

松の木でいぶした、独特なスモ―キーな香り

中国茶 正山小種紅茶 40g【メール便可】

感想(3件)

ジャワ

原産地:インドネシア・ジャワ島

渋みが少なく、ストレートティーに適してます

ジャワティー(インドネシア紅茶) BOPF 100g (50g x 2袋) 【あす楽対応】

アールグレイ

中国茶にベルガモットを着香したもの

水色や、味はブランドによって異なります

[デカフェ紅茶]デカフェ・アールグレイ(50g)

感想(18件)

イングリッシュ・ブレックファースト

主にインド、スリランカの茶葉をブレンドしたもの

水色、味、香りは、ブランドによって異なります

イングリッシュブレックファースト セイロン セントジェームス50g 【ロンネフェルト】ストレート、ミルクティーのおすすめ クオリティーの良い紅茶 ウヴァ茶がベースに使われてます

紅茶のグレード

紅茶のグレード(等級)は、一般的に仕上げ工程のふるいメッシュで分類された、茶葉の形状と大きさを表すもので、品質や内容を鑑定して分類したものではありません。

フラワリー・オレンジ・ペコ(FOP)

芯芽を多く含み、特有の花のような香りを持ちます。

アッサムやダージリン茶によく使われる。

特に希少な芯目のシルバーチップやゴールデンチップが多く含まれるものは高価で取引されます。

オレンジ・ペコ(OP)

一般に細かい針状の長い葉(7~11mm)で、葉肉は薄く、しばしば橙黄色の芯芽(ティップ)を含みます。

浸出した水色は明るくうすいものが多く、香味が強いのが特徴です。

ペコ(P)

葉は太めでよく揉まれたもの。長さはOPよりも短く(5~7mm)、針金状ではなく、芯芽はあまり含まれません。

水色は一般にオレンジ・ペコよりもやや濃い。

スーチョン(S)

葉は丸みをもった形状。

水色はやや薄く、独特の香りと強い味がある。

ブロークン・オレンジ・ペコ(BOP)

オレンジ・ペコ(OP)をカットしてふるいにかけて(2~3mm)の形状に揃えたもの

芯芽を多く含みしっかりした香味を持つ

水色はオレンジ系の赤色で透明度がよい。

ブロークン・オレンジ・ペコ・ファニングス(BOPF)

ブロークン・オレンジ・ペコ(BOP)をより小さくカットして(1~2mm)の形状に揃えたもの

水色は濃く、味は強くコクがある。

ミルクティーや、高級ティーバックよく使われる。

ファニングス(F)

ブロークン・オレンジ・ペコ(BOP)をふるいにかけた際、下に落ちていく小さな葉のこと。

水色は深く沈んだ色で、味は重く渋みがある。

ダスト(D)

ふるいにかけ、一番細かい、粉状の茶葉。

水色は黒っぽく透明度も悪く、渋みが強く重い。

多くはティーバックに使われます。

 

シーティーシー(CTC)

リーフティーを押しつぶし(CRUSH)、引きちぎり(TEAR)、粒状に丸める(CURL)、CTC製法で顆粒状に作られた形状の茶葉。

発酵や乾燥が短い時間で効率的に行われ、濃い水色や風味が短時間で出ることから、急速に発展し世界の産地へと普及しました。

CTC製法の開発が、紅茶の大量生産を可能にし、安価で手軽に紅茶が楽しめるようになりました。

おもに、ティーバッグやブレンド用に使われています。